カシコイ生命保険の選び方

Home > カシコイ生命保険の選び方 > 定期保険・養老保険・終身保険について
定期保険・養老保険・終身保険について
では一つ目、「定期保険」についてご説明します。

亡くなったら受取る保険金のことを死亡保険金といいます。
ここでは仮に1,000万円と仮定します。
保険には必ず期間があり、
保険料払込期間保険期間の2種類があります。
保険料払込期間は、お金を払う期間のことで、
保険期間は、保障がある期間のことを言います。

ここでは30歳から60歳まで保険料を支払い、
30歳から60歳まで保障があると仮定します。

このような保険の場合、30歳で加入されてすぐにお亡くなりに
なられても1,000万円を受取ることができますし、
60歳までの間であればいつお亡くなりになられても1,000万円を
受取ることができます。
では、60歳を過ぎるとどうでしょうか。

保障はなくなります。
それまで払い込んだ保険料は掛け捨て
となり、
満期保険金や解約返戻金という形で保険料が返ってくることはありません。
しかし、保険料が養老保険・終身保険と比べ安いという特徴もあります。
このような保険を「定期保険」といいます。
では二つ目、「養老保険」についてご説明します。
死亡保険金1,000万円、
保険料払込期間、保険期間とも30歳から60歳まで。
その間いつお亡くなりになっても1,000万円を受取ることができ、
60歳を過ぎると保障がなくなってしまいます。

ここまでは一つ目の「定期保険」と同じですが、
「養老保険」の場合、60歳になると同時に、
満期保険金として、死亡保険金と同額の
1,000万円を受取ることができます。

保険料として支払ったものがそのまま返ってくるイメージですが、
このような保険を「養老保険」といいます。
この養老保険の場合、万が一お亡くなりになっても、生存して
いても1,000万円を受取ることができるのが特徴です。
では三つ目、「終身保険」についてご説明します。

保険料の払込期間は30歳から60歳までですが、
定期保険や養老保険のように払込完了と同時に
保障が終わるのではなく、
保障の期間が一生涯続くタイプの保険です。

人はいつか必ず亡くなるものです。
30歳から60歳までだけでなく、
80歳、90歳、100歳でお亡くなりになっても、
残されたご家族の方が死亡保険金1,000万円を
受取ることが出来ます。
このような保険を、「終身保険」といいます。
たいていの生命保険は、
実はこの「定期保険」「養老保険」「終身保険」
3種類のどれかを組み合わせて構成されておりますので、
この点だけご理解頂ければ、ご自身の保険が、
どのような保障内容になっているのか
よーく理解することができます。

むずかしい・・・。
複雑・・・。
わかりにくい・・・。

そんな声をよく聞く生命保険ですが、
3種類が理解できれば、意外と簡単ですね。

あなたがご加入されている生命保険がどの種類のものか、
分かりましたか?!


お客様の想いをお聞きして、お客様のペースで保険選びをお手伝いいたします。